« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月23日 (水)

京おどり

花都名所類聚・全七景の演目でした。フラッシュを使っての撮影は出来ないと言うことで一応、記念にとデジカメに納めてきた物です。
  第一景京洛百景花扇画像無し
  第二景椿寺五色の舞
Pict05241 Pict05251 第三景「
宇治十帖花琴
Pict05261










第四景
滝夜叉姫物語Pict05281 Pict05271
第五景「名花のうたげ」画像無し

第六景「菊花錦繍容彩
Pict05301 Pict05331 Pict05311 Pict05321

第七景「宮川音頭
フィナーレ
Pict05351 Pict05341 Pict05361 Pict05411

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

京おどり

招待券を貰ったので何十年ぶりに?宮川町歌舞練場でおこなわれている「京おどり」を観に行きました。 (4月5日~4月20日まで)
鴨川沿いや宮川町歌舞練場付近を歩くのもここ何年も無かったことだったのでちょっと新鮮な気分に浸ってきました。
Pict05211 Pict05141 舞妓さんを撮影しているたくさんのカメラマンに遭遇、離れたところで私も少しお仲間に入れて貰ってデジカメで2,3枚撮らせて頂きました。
お断りも為しに失礼しました。Pict05171 Pict05221

舞妓さんのお手前でお抹茶を只いて(お手前の様子は写真撮影はできないとのこことでした)

いよいよ開演です。
Pict05231 次回へ続く~~~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

滋賀県 近江八幡 水郷巡り 2

昨日とはうってかわって良い天気になり、またまた、スケッチ場所を求めて水郷巡りに出発(8時)です。
Pict04801 Pict04811 Pict04831 Pict04841

面白い屋根の建物、「白雲館」と言い資料館みたいな所です。個展などもやってました。Pict04861_2
ほとんどの川の縁は綺麗に整備されているのですがこんな廃墟のようなところも、あえて一枚撮りました。Pict04871 Pict04881 Pict04921 Pict05001

お昼にはすっかり晴れ渡り澄みきった青空でした。Pict05021
白い建物は「かわらミュジアム」と言って色々な瓦を展示紹介しているようです、入館してないのではっきりしたことは不明です。Pict04961
和菓子の「たねや」の洋菓子部だそうでここのバームクーヘンはよく売れてしまうとか・・・午前中に買って起きました。Pict05041

ここは私が一番気に入った好きな景色です油絵に描いてみたいと思っています。
前方に見える橋、舟の上に渡してある橋なのです。正式な橋とは認められてないようで壊されるのが決まっているとか・・・・・デジカメを向けていると側にいた方が教えてくれました。私はこのままの方が情緒があって良いのにと残念に思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

滋賀県 近江八幡 水郷巡り 1

あいにくこの日は電車に乗っている途中から雨が降り出しさんざんな日になりましたが
負けず水郷巡りにと出発です。
Pict04701 Pict04691 Pict04661 Pict04751 Pict04781 雨宿りしながらスケッチをしてますが舟のかさが気になります。勿論、省略ですが~~。
身体が冷えてきたのでそこそこに今夜の宿に引き上げです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

私の作品

久々に趣味で創っている粘土作品を載せよう。
Pict03901
ウサギのお茶碗2つ・お皿2つ是は去年年末に生まれた孫の「お食い初め」のお祝いにと創った物。喜んでくれたのでよかったとほっとした。Pict03881





Pict03991 鯉のぼりは、男の子だったらと思い、お茶碗より先に創ったもの、見事はずれて女の子でしたが。Pict03931







| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年4月14日 (月)

もう一度 櫻

Pict044214月2日に行った久御山、一口の櫻・今はもう散ってしまって葉桜になって終っている。

もう一度、咲き誇り人の心まで豊かに気持ちよくさせてくれた櫻を眺めてみた。Pict04521 Pict04361_2 Pict04571 Pict04581 Pict04591 Pict04431

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

屋久島・種子島の旅  6

12日、「千座の岩屋」はかなり巨大な洞窟になっており千人が十分座れることからこの名前が付けられたそうです。
080311_11360011 080311_11420011 080311_11330011

ちょといい話・同じツアーの女の子がここで携帯電話を落としたのですが、みんなが協力して探しに・・・「あった、出てきた」との声に皆拍手、無事出発出来ました。Pict03261
「種子島宇宙センター」
日本最大の宇宙開発施設、このセンターではロケットの組立てから打ち上げまで、そして衛星の最終チェックからロケットへの搭載までを行っており我が国のロケットや人工衛星の打ち上げを担う施設。(パンフレットより)

宇宙科学技術館
ロケットや宇宙に関すること、モデルやゲームを使って楽しく理解できるようしてありましたでも私達には理解できてませんがcoldsweats01

Pict03251Pict03221_2 Pict03241
こうして私達は帰路につきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

屋久島・種子島の旅  5

種子島にて、11日朝、ホテルのバルコニーからの景色Pict03011

Pict04181_3
種子島は屋久島と正反対の島で北南の縦長です。人口は屋久島の3倍、約3万5千人だそうです。














Pict02981_3  Pict03001_2













Pict03081 貝殻たち、お土産に頂いてきました。Pict03071

Pict03091

種子島南端、ポルトガル船が漂着したところ「門倉岬


Pict03101_2 Pict03161

080311_14520011 鉄砲博物館(種子島開発総合センター)種子島の自然・地理・歴史・民俗など紹介していて結構面白い。
080311_123300211_2この景色・伊勢の夫婦岩に似ている。「雄龍雌龍の岩」






| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »