« 哲学の道   | トップページ | 鳥羽の藤 (鳥羽水環境保全センター) »

2010年4月15日 (木)

仁和寺へ (御室桜)

御室の桜は遅咲きで見頃は4月中頃と聞いていたので昨日、行ってきました。

Cimg19771
Cimg19511
Cimg19521
Cimg19981_2 Cimg19931  中門を入ると左手に湧き上がる
雲のような御室桜
が飛び込んできます。
御室桜の特徴は樹高が低く、根本より単弁の香りの高い白花を咲かせます。

開花は染井吉野より一週間から十日前後遅く、京都の春の終わりを飾ります。
品種は大半が有明で、車返し、鬱金など十数種類の里桜があり、境内に二百余株植えられています。起源は古く、平安時代までさかのぼりますが、現在のものは江戸時代初期に植えられたもので、大正十三年に名勝に指定されてます。(拝観券説明書きより)
Cimg19971
Cimg19541
Cimg19551_2 
Cimg19741
Cimg19671_3  Cimg19701_2                  ←







Cimg19861 Cimg19881_3             →  

|

« 哲学の道   | トップページ | 鳥羽の藤 (鳥羽水環境保全センター) »

コメント

樹高の低い桜と言うのはあまり見たことが無いのですよ。
写真を見てると不思議な感じです。
桜は見上げる花と言うイメージなの。

こちらは葉桜、そして八重桜のシーズンです。
しゃくなげも満開を迎え、藤が咲き出しています。

投稿: ねこおばさん | 2010年4月16日 (金) 11時00分

diamondねこさん
そうなんです、私も、御室の桜という名前は小さいときから良く耳にしていたのですが意識して見たのは初めてでした。桜の花に埋もれる感じでしたよぉ。
こちらではねこさんのところを追っかけていきます。

投稿: | 2010年4月22日 (木) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133678/34240177

この記事へのトラックバック一覧です: 仁和寺へ (御室桜):

« 哲学の道   | トップページ | 鳥羽の藤 (鳥羽水環境保全センター) »